Annual Report
2023.04.01

EPAD事業実績

EPADの事業実績・報告書をご案内しています

〈2022年度実績〉報告書はこちらよりご覧頂けます。

概要 EPAD2022実行委員会は2022年度(文化庁令和3年度補正予算 文化芸術振興費補助金 統括団体によるアートキャラバン事業(コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業))として、以下の事業を2023年1月31日までに実施いたしました。
事業① 映像収集 まとまった数の作品のアーカイブ・イベント参加・広報協力を行うパートナー団体と、公募作品を合わせて、400作品をEPAD登録。そのうち、150作品の配信可能化。

パートナー団体:
こまつ座(演劇)/ NODA MAP (演劇)/ マームとジプシー(演劇)/豊岡演劇祭2022(演劇)/DANCE BOX(舞踊)/Dance Base Yokohama(舞踊)/能楽協会(伝統芸能)/スターダンサーズ・バレエ団(舞踊)

事業② 上映・イベント 舞台芸術におけるエコ・システムの確立を目指し、デジタルアーカイブ化した作品の利活用を推進するため、下記の上映イベントを実施しました。

  • 豊岡演劇祭2022 共催 映像上映イベント2022年9月19日&20日 @豊岡劇場
  • デジタルアーカイブ学会『第7回研究大会(沖縄)』プレイベント8K特別上映『こまつ座 2022年7月上演「紙屋町さくらホテル」2022年11月24日@那覇文化芸術劇場なはーと
  • EPAD2022『撮る、のこす、使う~舞台公演映像の利活用をめぐるシンポジウム~』(2022年12月1日 オンライン開催)
  • 「天王洲電市 ~記憶は感情を通電させる~」(2023年1月20日・21日 寺田倉庫「E HALL」および同時開催オンライントーク
  • 〈2021年度実績〉

    事業① 映像収集 演劇・舞踏の分野から合わせて20作品をEPADへ登録しました。

    収集作品(50音順、年数は収録年):

  • iaku『粛々と運針』(演劇/2017)
  • unrato『楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~』(演劇/2021)
  • 北村明子『Echoes of Calling』(ダンス/2021)
  • オフィスアルブ『Echoes of Calling』(ダンス/2021)
  • ケダゴロ『ビコーズカズコーズ Because Kazcause』(ダンス/2021)
  • 公益社団法人日本舞踊協会『ボレロ』(ダンス/2021)
  • Co.山田うん『コスモス』(ダンス/2020)
  • さいたまゴールド・シアター『薄い桃色のかたまり』(演劇/2017)
  • 島地保武 × 環ROY『ありか』(ダンス/2016)
  • DAZZLE『花ト囮』(ダンス/2014)
  • 月灯りの移動劇場『Peeping Garden /re:creation』(ダンス/2021)
  • Noism Company Niigata『春の祭典』(ダンス/2021)
  • Noism Company Niigata『残影の庭』(ダンス/2021)
  • 向井山朋子、森山未來『TWO – in transit Hara Museum』(ダンス/2021)
  • 山田由梨/贅沢貧乏『わかろうとはおもっているけど』(演劇/2019)
  • ラサール石井、倉持裕『ミュージカル HEADS UP!』(演劇/2018)
  • Ruri Mito (Co.Ruri Mito)『Matou』(ダンス/2021)
  • 渡辺源四郎商店『どんとゆけ』(演劇/2020)
  • 事業② 上映・イベント 「日本の演劇」未来プロジェクト事業に協力しました。
    文化庁の令和2年度補正予算公募事業「大規模かつ質の高い文化芸術活動を核としたアートキャラバン事業」(公益社団法人日本演劇興行協会は一般社団法人緊急事態舞台芸術ネットワークとの協働)において、EPADは8作品の8Kカメラ+空間オーディオ(Dolby Atmos®️)による高水準の収録を行いました。 2022年1月21日には高音質・高画質による関係者向け上映会と、座談会を行いました。

    上映作品(50音順、年数は収録年):

  • エイベックス “タクフェス第9弾”『天国』(演劇/2021)
  • 東急文化村 “COCOON PRODUCTION 2021″『泥人魚』(演劇2021)
  • ネルケプランニング “ミュージカル”『テニスの王子様』 4thシーズン 青学vs不動峰(演劇/2021)
  • パルコ “PARCO PRODUCE 2021” 音楽劇『海王星』(演劇/2021)
  • パルコ “PARCO PRODUCE 2021″『ザ・ドクター』(演劇/2021)
  • ホリプロ『ムサシ』(演劇/2021)
  • 明治座 “梅沢富美男劇団 梅沢富美男特別公演” 泉ピン子特別出演 後見人梅沢武生(演劇/2021)
  • 事業③ 配信 国際交流基金「STAGE BEYOND BORDERS」を協働し、50作品を多言語字幕付きでYouTube配信。

    〈2020年度実績〉報告書はこちらよりご覧頂けます。

    事業① 映像収集 協力団体からの提供と公募作品を合わせて、1,283作品をEPAD登録。そのうち、291作品の配信可能化。
    詳しくは、収集作品一覧ページをご覧ください。
    事業② 戯曲・美術データの収集 合計約3,000点の戯曲・美術資料をデジタルデータとして収集しました。

  • 戯曲の収集とデジタル化の詳細はこちら
  • 舞台美術作品の写真、デザイン画等の収集とデジタル化はこちら
  • 事業③ 教育連携事業 スタッフ技術についてのEラーニングコンテンツを作成しました。
    詳しくはこちらをご覧ください
    事業④ イベント 2021年3月13日に、成果報告シンポジウムを実施しました。(表上部のYoutubeリンクよりアーカイブをご覧いただけます)